注射器といろいろな薬
抗がん剤治療を始めたら、髪の毛が抜け落ちてしまうという症状が少なからず現われます。
髪の毛が抜けてしまう原因は、抗がん剤の副作用。

抗がん剤を投与してから2~3週間後に髪の毛が抜け始めるようになります。
しかし、脱毛症状は人それぞれ異なり、多く抜ける場合もあれば、脱毛が一時的な場合もあります。また、髪の毛のほかに眉毛やまつ毛、さらにはひげや鼻毛にまで脱毛症状が現れることも。

ここでは、「抗がん剤治療による脱毛予防」に焦点をあててお伝えしたいと思うのですが、まずはその前に抗がん剤による脱毛についてご紹介します。

抗がん剤の副作用で脱毛症状が起こる

抗がん剤はがんを抑制するための薬ですが、どういう作用で抑制しているのでしょうか?

がん細胞というのは、細胞分裂が非常に活発に起きる細胞で、増殖しないようにするためには細胞分裂を抑える必要があります。
その役割を抗がん剤がサポートしてくれるのです。

しかし、抗がん剤には別の部分の細胞分裂まで抑えてしまうという働きもあり、中でも毛母細胞は分裂が活発に起きる場所にあるため、その影響を強く受けやすいとされています。

毛母細胞が分裂しないということは髪の毛が生成されないということになるので、脱毛症状が現れます。

脱毛を起こしやすい抗がん剤と起こしにくい抗がん剤

脱毛は抗がん剤を投与したからといって必ず起こるものではありません。
使用する抗がん剤によっては、脱毛が起こりにくいものと起こりやすいものがあります。

例えば、イホスファミド・ドセタキセル・アムルピシンなどの抗がん剤は、脱毛の程度が高いことで知られています。

一方、シスプラチン・メルファラン・フルオロウラシルなどの抗がん剤は、脱毛の程度が低いとされています。

抜けてしまった髪は元の状態に戻るの?

抗がん剤投与による脱毛症状は、治療が終わってから3ヶ月~6ヶ月ほどで治まることが多く、個人差はありますが髪が生えてくるようになり、脱毛から1年経った頃にはほとんどのケースで回復しますが、薄毛になってしまう可能性もあります。

特に女性や子供さんにとって、髪の毛が抜け落ちるということは精神的にもショックなものですよね。
残念ながら、現在において抗がん剤治療による脱毛予防法で有効な方法は確立されていません。ですが、努力次第で症状を軽減することは可能だとされています。

抗がん剤治療による脱毛予防法

日常生活や外出時において、抗がん剤治療による脱毛予防の対策方法を見てみましょう。

日常生活での対策

頭皮ケアを行うのも大切ですが、刺激の与え過ぎには注意です。
また、低刺激の弱酸性のシャンプーを使用し、ぬるま湯で優しく洗髪して清潔に保つようにしましょう。

外出時の対策

抗がん剤治療による脱毛予防の対処として、帽子やウィッグなどを用意しておくこともおすすめ。
最近のウィッグは、自然に見える人工皮膚のものや、頭皮に負担のかからない通気性の良いものも手軽に購入できるようになっています。

また、ウィッグだと部分的な脱毛にも使用することが可能です。ただし、帽子やウィッグは頭皮が蒸れやすので清潔にしておくことが必要です。

脱毛に対する心のケア

抗がん剤治療による脱毛予防をしていても完全に治まるわけではありません。
髪の毛が抜けることに恐怖や不安、悲しみを抱くことでしょう。

このような精神状態のまま治療を続けていると、治療においも良い影響を与えないので、辛い気持ちをできる限り抱えこまないように担当医師や経験者の方、家族などに相談するということも大切なことです。

とは言え、相談しにくいことでもあるかと思います。そんな場合は、がんの相談支援センターでも相談を受けつけています。

抗がん剤治療による脱毛予防についてなども相談することができるので、ほかにも不安に感じることなどがあれば、一度相談してみることをおすすめします。